工場へ勤務

spectrumanalyzerは、日本語としては周波数領域による電圧測定装置といえますが、スペクトラムアナライザ―と呼称したり、単にスペアナと表現することがあります。 spectrumanalyzerは、主に被測定信号において、周期的な信号成分がどの程度含まれているかを観察するために開発された測定装置になっています。 具体的な利用方法としては、被測定信号に対して本来は含まれないはずの周期信号が微小雑音としてふくまれている際に、その雑音を発見する事ができたりします。 最近ではパソコンでも無料で利用できるフリーソフトウェアが公開されたりしています。 業務などでspectrumanalyzerの導入を検討している場合は、一度パソコン版のアナライザーソフトを利用してみて、スペックや性能の検討をするのも一案です。

spectrumanalyzerを利用する場合、計測機器の測定方法を十分に理解してから利用する事をおすすめします。これは、周波数特性を測定するために、被測定信号に微小ノイズが混入してしまっても測定内容に影響がでてしまいます。計測方法に関しては、どのような計測方法においても正しい測定方法を理解したうえで測定に当たる事が大切です。 初心者が周波数特性を測定する場合には、特にグランドを確実に設置する事が大切です。測定時にグランドが不安定になると、折角被測定信号がきれいなノイズの含まれない信号なのに、表示部にはあたかもノイズが含まれた信号として表示されてしまいます。 測定業務の初心者やソフトウェアエンジニアが測定に当たる場合には、必ずハードウェアの測定従事経験者の指導のもとで測定を行う事が大切です。