部品の交換

ふるい機の注意すべき点について紹介します。これらはデリケートです。以下のような点にならないように注意が必要です。避けるように割れる危険性があるので、均一にふるい機に力が入るよう調整しましょう。中間の網受ゴムが消耗していないか確認します。次に消耗によってふるい機が早期に壊れる場合です。タッピングボールの数を減らすかふるい網全体に均一に当たるよう調整します。タッピングボールが消耗しないよう工夫しましょう。最後にふるい機の網がいつもと同じ場所が破れる場合です。ふるいに掛ける物を集中投入しないで分散して入れましょう。タッピングボールが同じ個所に当たって破れる事のないようにしましょう。以上の事を注意すればふるい機が早期に壊れる事はなくなります。

ふるい機の知っておくと良い情報を紹介します。これらは湿度の高い原料も入れる事ができます。逆に比重の高い乾いた原料も入れられるので、いろいろな原料をふるいに掛けられます。騒音が普通の物より10パーセント少ないふるい機も開発されています。静かに使いたい場合にそれを扱っている業者を探すと良いです。95パーセント以上のふるい分けができる性能のよい物もあるのです。完璧に近い形でふるいができるので安心です。これらの用途は3種類あるのです。1つ目はスカルピングという材料の中にある少量の粗粒を除去する作業です。2つ目はサイジングという定められた粒子径を得るための操作です。3つ目はリファイニングという材料の中にある細かい微粉を除去する作業です。これらをうまく使えばふるい機でいろいろな物を作成できます。